2016年08月16日

自殺教室で生まれた死生観(3)

麻雀をよくやります。
皆さんはやりますかね。
世間的にはギャンブルのイメージが強くて、あまり好意的に受け止められてはいないのでしょうか。俺が覚えたのはもう30年以上前で、そのころは確かにギャンブルの道具としての扱いが当たり前でした。
現代では、女流雀士なども多く出てきて、囲碁将棋ほどではないにせよ、ある程度の理解は得られているような気がします。
今からもう25年ほど前ですが、俺は仕事もやらずにパチンコで生計を得ておりましたが、そのころホームグランドにしていたパチンコ屋の2階には、馬鹿にだだっ広い雀荘があり、よくそこで本業で負けたパチプロ相手にレートの少し高い麻雀をやっていました。
自分で言うのもなんだけれど、俺はパチンコの腕が良くてほぼ毎日勝ってしまうわけですよ。ところが、その店のパチプロ連中は腕が悪くて、勝ってもちょぼちょぼ、負けると際限なく負けるような恥ずかしいプロが多かった。
それで、そういう連中が、多少金を持っている俺をしょっちゅう麻雀に誘うわけです。本業の損失補てんを狙っての事ですよ。しかし、パチンコですらコロコロと負ける連中だから、麻雀の方も大して強いわけでもない。普通にやっているだけでも、まあそんなに負けることもないんですけれど、ただし気迫だけはものすごいんですね。しかも、向こうは3人がこちらの懐を狙っているわけで、はっきりと組んでいるわけではないけれど、何となく攻撃が俺一人に集中してしまう。そういうのと対決し続けると、麻雀なんか面白くなくなっていくわけです。何というか、心が荒んでくるにしたがって、麻雀も荒んでくるんです。
なんだっていいから、勝てばいい。それしか考えなくなってしまう。
しかし勝ったところで、相手はそんなに金を持っているわけでもないから、いくらにもならないし、ただもう結果としては自分の懐を守り切っただけで、疲労だけが残るようなものです。
今ではもうパチンコはやらないし、雀荘に行くのも2か月に1回程度で、しかもレートは30円です。
それでも麻雀をやめない理由は何か。
単純に面白いってことです。
よく、麻雀は人生と一緒だとか、性格が出るとか言われます。
人生と一緒かどうかはさて置いて、性格はよく出るようです。イライラしやすいとか、目先の利に走りがちだとか、注意力が無いとか、危機意識が薄いとか、空気を読めないとか、先見性の有無や、構想力、想像力、推理力、記憶力なども試されるし、数学的な知見なども当然のことながら、芸術的な閃きも求められます。
最近ではネット麻雀も盛んで、俺もロンロンというサイトに登録して、時々遊んでいますが、ネット麻雀のいいところは、対戦後に自分の牌譜がチェックできるところです。これがあるので、対局後に自分の打ち方を確認して、悩んだ部分や分からなかった相手の打ち方などの答え合わせをして、「やー、ナルホド」なんてことが出来ます。

さて、ここまで自殺とは関係ない話をしてきましたが、退屈でしたか。
まだ少し、麻雀の話が続きます。
麻雀は、囲碁や将棋と違って、見えない部分が多いゲームです。自摸山は見えない、相手の手も見えない。見えるのは自分と相手が捨てた牌ばかりで、そこから様々なものを想像しなければなりません。さらには相手の癖や、気配、息遣いや牌の捨て方など、ゲーム以外の情報も重要になる場合もあります。
そうやって、細かいことに一つ一つ気を付けながら自分の手を作り、勝者になるべく地道な努力をするのですが、それらが必ず報われるわけではありません。麻雀というのは、嫌になるほど理不尽なゲームで、人の努力を一瞬の交通事故で吹っ飛ばしてしまうような展開が良くあります。
逆に言えば、でたらめに打っていても、幸運一発で劣勢をひっくり返すことが出来るとも言えます。
そういうゲームなので、俺は麻雀に人生観の全てを持ち込むことはしないのです。
ただ、時々そういう理不尽な一撃に粉砕された時には、「うむ。そういう事もある!」と力強く思うことにしています。
たかがゲームでもそうなのだから、人生においておや、というわけですよ。
こういう時だけ都合よく人生観を持ち込むわけです。
実は俺自身、この理不尽なゲームのおかげで、人生の理不尽に対しての耐性ができたような気がするのです。
幸運は選ばれた人の下へしかやってこないけれど、理不尽だけは平等に降り注ぐものだとするならば、それもまた人は皆平等であることの容赦なき証明だ、などと思ってしまうのです。
勝つとか負けるとか、そういうこととは無縁に麻雀を楽しむためだけに麻雀をするのが俺のポリシーで、これ以上の事は求めません。
勝てば得をするし、負ければ損をする。しかし、そんなことは大した問題ではありません。勝っても得をするのは僅かな満足心とわずかな金額ばかりだし、負けても失うものはわずかな金額だけ。何もしなくたって金は出ていくものだし、買って得た金額だって同じくすぐに出て行ってしまう。勝っても負けても一時の事だし、明日はまた平等に理不尽がやってくる。
損か得かという些末な問題に振り回されると、失うことの恐怖心ばかり募って、恐怖心を育てる自分の心と常に戦っていないと、今度は不安感に襲われるようなる。
失うことは損ではない。失う事は恐い事でもない。
何かを楽しもうとするとき人の心は開かれるが、その瞬間を逃してしまうことが損なのであり、来るか来ないか分からないその次の機会を待つ間に、楽しもうとする心を忘れてしまうことが失うということなのであると俺は思う。
損か得か、そんなことを考えている間にも時間は過ぎていく。我々はこれまで生きてきた時間の中でも、沢山の損や得をしているはずだが、それが今の自分と密接に関係しているかどうかを検証したことなどないはずだ。なのに、目先の利を負って得な方へ得な方へと進んだところで、将来において結果がやはり得だったかどうかなど分かるはずもないし、分かろうともしないはずだ。
だったら、これからすることは自分がやりたい方向へ進むのが一番良い事なのではないかと思う。これならば、結果的にどうなったのかが非常に分かりやすいし、損か得かではない尺度で図るわけだから、後悔の残るはずがないというものだ。
自分の生きる価値だとか意味だとかは、損得勘定が身に沁みつきすぎたせいで生まれる誤解だと俺は思っている。とりあえず自分のやりたいと思う方向へ進むことで、痛い目も理不尽さも自分のものとして楽しんで受け入れることが出来る。
甘いとか自分勝手だとか言う人も多いだろうけれど、自分の人生を辛くしたり他人行儀にしたりする必要があるのかどうかも考えてみてはどうだろうか。
その上で、やりたいことをやり切ってしまえば、後は野となれ山となれ、死ぬも生きるも自分次第になるのではなかろうか。そして、そういう事で選んだ死ならば、きっと遺書など不要になると俺は思う。

次回は、罪の意識の持ち方のようなものを書いてみたいです。
posted by 肉王 at 03:36| Comment(0) | 自殺教室 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする