2018年05月10日

便利な道具を腐らせる

スマホを使い始めてから一年経ちました。それまで携帯電話を持っていなかったので、常に機械の塊を持つというのになかなか慣れません。ずっと前には一時期PHSを持っていたこともあるのですが、ロクに使わないまま無くしてしまい、解約でべらぼうな金額を支払った後に、車の運転席の下から転がり出てきたりしていました。
そもそも後ろめたい事があったり、わずらわしい事から逃げていたり、何かと社会に借りのある人間は電話が苦手な物であり、できれば手紙のような牧歌的な通信手段とすら距離を置きたがるのです。
そんな人間が、何故急にスマホなどという通信の権化の如き機器を持とうと思ったのか。
一つには元々興味があったこと。ガラケーと違って、スマホは携帯端末です。いわば小さなパソコンなので、使いようによっては何か面白そうなことが出来そうだと思っていました。聞くところによると、スマホで漫画を描いている漫画家もいるとか。ナビや地図も充実しているし、やろうと思えば健康管理もできるらしいです。これがあると、今までと違う商売の仕方も見つかるかもしれません。
もう一つは、商売で使っているサイトが、やたらと携帯電話の番号を要求してくること。中には携帯電話番号を入力しないと登録できないサイトもあり、もはや携帯電話を持たない原始人には商売の門すら閉ざされてしまう勢いです。
結局、自分にとっては有るとわずらわしい物でも、社会にとっては「持っていない人間こそわずらわしい存在」となってしまうに至り、ようやく社会とのかかわり方について妥協する覚悟が出来たというわけです。
しかし、一年使ってみて得た感想は、良く出来た玩具という程度です。勿論使う側の問題が大きいのですが、結局パソコンに慣れた人間にとっては、パソコンでできることをスマホに頼る意味があまりありません。せいぜい外出中に注文の管理が出来るくらいです。そもそも古本屋の仕事というのが、その程度の仕事なのです。しかも外出先で注文の有無を知っても、現物が手元になければ発送も出来ないわけで、つまりはパソコンと商品の前に居なければならないのです。そう考えると、お客さんと店主の間にパソコンやスマホや電話線が挟まっているだけで、対面販売と何ら変わりはありません。
ひょっとすると自分はまた無駄な買い物をしたのではないかと多少の疑念を抱えつつ、現在スマホはたまにツイッターに書き込む機械に成り下がっており、それ以外ではダイドーの自販機でポイントを貯めるカマボコ板状のモノとしての活躍しかしていません(そうして貯めたポイントの使い方は知らない)。
さらに言うと、電話なんかほとんどかかってきません。多分、催事関係以外では、2か月に1回くらいでしょうか。時々、壊れてるのかしらと思って、店の電話からかけてみて、ああ壊れてはいない様子だ、と安堵したりしています。
フリック入力というやつも、なかなか慣れませんねえ。若い人たちは魔法のように入力していきますが、私はいまだに頭の中で「あいうえお」を思い出しながら、ネチネチと文字を選んでいる始末です。こんな調子では、スマホで漫画を描くなんて、100年モノの課題としか思えません。かつてはキーボードを打つ速さはそこそこで、「光速の貴公子、故に名前を光貴という」なんて言っていたものですが。
カメラも高機能だし、音楽も高音質だし、便利な道具であることは間違いがないので、何とかして面白い使い方を見つけたいものですが、妥協せずに利便性を追求しようとすると、それなりにお金もかかるようです。
自分の興味としてはカメラをもっと使いたいのですが、あまり写真の腕は良くないので、変な写真ばかり撮っています。それ以外では拡大機能を使って、老眼鏡代わりにしたりしています。
無料アプリで映画でも作れないものでしょうかねえ。
posted by 肉王 at 02:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする