2007年04月29日

月に

あ、あなた。
ひょっとして、【BAR】チキン・ハートをお探しじゃありませんか。
仙台坂を登りきる手前の、何ともみすぼらしい佇まい。そこは心に傷を負った臆病者たちが集う場末の酒場。
さて、今夜もひとつ、負け犬たちの遠吠えに聞き耳をたててみましょうか。

----------------------------------
その夜、チキン・ハートの店内には酷く品の無い匂いが充満していた。
それは、いかがわしい場末のバーに根付いた女の匂い。
安い化粧品の匂いに何かが混ざり合って、女の体に染み付いた。
そんな匂いだ。
マスターはその匂いを嗅ぐ度に、胸が締め付けられる思いがする。同情や憐憫ではなく、後悔や懺悔に近い思いだ。
女がカウンターに投げ出した痛みの激しいバッグからは、人生への恨みと生々しい生物の悲しさが零れ落ちそうだった。
初めての客だった。
しかし、マスターの性格をよく知ったような振る舞いを見せる女だった。
ジン・トニックくれへんか。
女の最初の注文だった。
女は差し出されたジン・トニックをものも言わずに受け取り、そのまま一息に飲み干した。
喉が・・・。
喉が渇いとったんよ・・・。
もうずっと長い間。
そう言って、女はまた同じものを注文した。
「ウチ、ホンマ駄目やわ。帰らなアカンのにな」
「待っている人がいるんでしょう」
「そやねん。待ってるねん。そやから帰らなアカンねん」
女はそう言ったまま、グラスを握り締めた。
そして深い溜息をつくと、安い酒の匂いが微かに漂った。それは、決してチキン・ハートにあるような酒ではない。
女はバッグから携帯電話を取り出すと、片手で器用に開き、ボタンを押した。
電話を耳に押し当て、グラスを傾けながらそのまましばらく黙っていたが、やがて静かに話し出した。
あんな・・・。
ウチ、嬉しかってん。まさかまたアンタに会えるなんて思うてなかってん。それに、ウチこんなんなってしもてんのに、アンタすぐにウチやて気付いてくれたやんか。嬉しかってんやで、ホンマに。
・・・せやけど、やっぱりアカンねん。
なんでやろな。
・・・ウチな、あれから変なクセついてしもたねん。
独り言が趣味になってん。
誰かと喋るなんて厭んなってしもてな、自分と喋ってばっかおんねん。変やろ。
ちゃうねん、アンタのせいやあらへんねん。
ウチがアホやったんや。
・・・でもな、携帯電話て便利やで。これさえ耳にあててたら、道端で独り言喋っとっても、誰も怪しまんねん。隣のオッサンにアホンダラ言うても、気が付かへんねん。可笑しいやろ。笑てまうわ。
それ以外に使わへんから、この電話に登録してる番号なんて、自宅と店の二つしかないねんで。
そうやねん、独り言用に持っとんねん・・・。
・・・あんな、ウチ子供おんねん。
「健」いうねん。
そうや、アンタと同じ名前や。
もう小学生やで。そんでな、アンタと同じで、気が小っさいねん。ホンマ、笑てまうわ・・・。
・・・あんな、最後に一つだけ聞いて欲しいねん。
あん時に飲んだお酒、なんやったかな・・・あれが飲みたいねん。
あれ、作ってくれへんか・・・。
ああ、そうそう、これやこれや。
これ、なんて名前なん。
へぇ・・・ブルー・ムーンゆうんか。随分洒落た名前やな。
ホンマ、笑てまうわ・・・。
ほな、切るわ・・・。
もう、帰らなアカンねん。

女が店を出たあとも、しばらく匂いは残っていた。
やがて来たナマナカが、少し鼻をひくつかせて言った。
「おや、先客がいたのか。珍しいこともあるもんだ」
マスターは女の使ったグラスの水滴を振り払いながら、笑って答えた。
「ええ、笑ってしまいますよ・・・」
------------------------------------------------------

久しぶりのチキン・ハート。
だんだん路線が変わってきたぞ。
脱線している、と言ってもいいかもしれない。
脱糞でなくてよかった。
posted by 肉王 at 00:00| Comment(0) | 【BAR】チキン・ハート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月27日

帰国します

今日は達川に来てもらいました。
達川ってのは、元広島カープの達川です。
何故達川に来てもらったのかと言うと、今日の話は彼に代弁してもらおうと思っているからです。

じゃ、達川さんよろしく。続きを読む
posted by 肉王 at 00:41| Comment(2) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月23日

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。