2018年05月10日

便利な道具を腐らせる

スマホを使い始めてから一年経ちました。それまで携帯電話を持っていなかったので、常に機械の塊を持つというのになかなか慣れません。ずっと前には一時期PHSを持っていたこともあるのですが、ロクに使わないまま無くしてしまい、解約でべらぼうな金額を支払った後に、車の運転席の下から転がり出てきたりしていました。
そもそも後ろめたい事があったり、わずらわしい事から逃げていたり、何かと社会に借りのある人間は電話が苦手な物であり、できれば手紙のような牧歌的な通信手段とすら距離を置きたがるのです。
そんな人間が、何故急にスマホなどという通信の権化の如き機器を持とうと思ったのか。
一つには元々興味があったこと。ガラケーと違って、スマホは携帯端末です。いわば小さなパソコンなので、使いようによっては何か面白そうなことが出来そうだと思っていました。聞くところによると、スマホで漫画を描いている漫画家もいるとか。ナビや地図も充実しているし、やろうと思えば健康管理もできるらしいです。これがあると、今までと違う商売の仕方も見つかるかもしれません。
もう一つは、商売で使っているサイトが、やたらと携帯電話の番号を要求してくること。中には携帯電話番号を入力しないと登録できないサイトもあり、もはや携帯電話を持たない原始人には商売の門すら閉ざされてしまう勢いです。
結局、自分にとっては有るとわずらわしい物でも、社会にとっては「持っていない人間こそわずらわしい存在」となってしまうに至り、ようやく社会とのかかわり方について妥協する覚悟が出来たというわけです。
しかし、一年使ってみて得た感想は、良く出来た玩具という程度です。勿論使う側の問題が大きいのですが、結局パソコンに慣れた人間にとっては、パソコンでできることをスマホに頼る意味があまりありません。せいぜい外出中に注文の管理が出来るくらいです。そもそも古本屋の仕事というのが、その程度の仕事なのです。しかも外出先で注文の有無を知っても、現物が手元になければ発送も出来ないわけで、つまりはパソコンと商品の前に居なければならないのです。そう考えると、お客さんと店主の間にパソコンやスマホや電話線が挟まっているだけで、対面販売と何ら変わりはありません。
ひょっとすると自分はまた無駄な買い物をしたのではないかと多少の疑念を抱えつつ、現在スマホはたまにツイッターに書き込む機械に成り下がっており、それ以外ではダイドーの自販機でポイントを貯めるカマボコ板状のモノとしての活躍しかしていません(そうして貯めたポイントの使い方は知らない)。
さらに言うと、電話なんかほとんどかかってきません。多分、催事関係以外では、2か月に1回くらいでしょうか。時々、壊れてるのかしらと思って、店の電話からかけてみて、ああ壊れてはいない様子だ、と安堵したりしています。
フリック入力というやつも、なかなか慣れませんねえ。若い人たちは魔法のように入力していきますが、私はいまだに頭の中で「あいうえお」を思い出しながら、ネチネチと文字を選んでいる始末です。こんな調子では、スマホで漫画を描くなんて、100年モノの課題としか思えません。かつてはキーボードを打つ速さはそこそこで、「光速の貴公子、故に名前を光貴という」なんて言っていたものですが。
カメラも高機能だし、音楽も高音質だし、便利な道具であることは間違いがないので、何とかして面白い使い方を見つけたいものですが、妥協せずに利便性を追求しようとすると、それなりにお金もかかるようです。
自分の興味としてはカメラをもっと使いたいのですが、あまり写真の腕は良くないので、変な写真ばかり撮っています。それ以外では拡大機能を使って、老眼鏡代わりにしたりしています。
無料アプリで映画でも作れないものでしょうかねえ。
posted by 肉王 at 02:41| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

タイトルを考え始めると無駄に時間ばかりが過ぎてゆく

お久しぶりでゴザイマス。
何年振りかでブログを書こうと思ったら、仕様が変わっていてビックリです。
前に書いたのは一体いつだったのか、ということよりも、新しい仕様の入力画面で書いた記事が、果たしてちゃんと反映されるのかどうか、ものすごく心配です。もっと心配なことは他にもあるのですが、それを言い出すとキリがないので、とりあえず目の前のことだけ考えておくことにしましょう。
日頃はツイッターばかり更新しているのですが、ツイッターというのは文字数制限があるし、過去の書き込みも全部はさかのぼれないので、あまり大事なことを書くわけにもいきません。しかも、この度からSeesaaBLOGではツイッター連携が無くなるそうなので、今までのように生存報告代わりにツイッター更新だけで済ますわけにもいかなくなるので、また時々ブログを書くことになりそうです。
年々老眼が進んでしまい、自分で書いた文字を追うのも辛くなっています。去年からスマホを使い始めたのですが、文字もアイコンも巨大設定にしています。日頃巡回しているブログも、文字が小さかったり、背景色が黒かったりするブログはあまり見なくなってしまいました。よく、「歳をとると目に来る」と言いますが、私も若い頃には思いもしなかった「見えづらさ」をお見舞いされまくっています。しかも、こんな短い文章を書いている間にも肩が凝ってしまう始末です。
しかし、このブログはスマホからでも書くことができるので、何か思うことができる度に、気軽に更新していきたいと思います。
今回はリハビリ程度のものですが、また近々更新しますので、よろしくお願いします。
posted by 肉王 at 01:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年08月18日

難問は増える

やあどうも。
お久しぶりです。
前回の更新から1年以上たっていますね。
一体今まで何をしていたのか。
死んでいるのかと思ってた人もいるだろうし、生きていても死んだように生きているだろうと思っていた人もいるだろうし、そもそも俺のことになど全く興味が無い人も大勢いただろうと思います。
まあ日常というやつは何もなければ何もないで退屈なものですが、その退屈こそが平和的な日常であり、一番の幸せなのでありますから、その幸せの中にいると特にブログを書く必要もなく、右の物と左の物の場所を移し替え続けるだけで1年の時もあっという間に過ぎてゆくわけです。

ところがそんな平和的な日常というやつは、日々少しづつ人間を劣化させていき、誰かの呼ぶ声にふと立ち止まると、社会人として、人間として、古本屋としていささか遠くへ来すぎてしまった自分と出会ったりするわけです。声の主は自分のようでもあり、友人のようでもあり、道端に置き去りにされた犬の糞のようでもあります。
近頃ひどく難しいと思えることが増えました。
例えば、文庫本を読むこと。老眼が始まったせいで、小さな文字を追うことが厳しくなってきました。
次に、パソコンのキーボードを早く正確に打つこと。デスクトップ型からノートパソコンに買い換えたこともあり、指先の感覚がかつてのキーボードの手応えからいつまで経っても脱却できません。
そして今、一番難しいのが買い物です。これは記憶力と関連があるのですが、何かを買い求めに店へ行ったのに、いざ入店すると何を買いに来たのか分からなくなっているのです。乾電池を買いに行ったのにアイスを買って帰ったり、ビッグコミックオリジナル増刊号を買いに行ったのにアイスを買って帰ったり、電気代の払込みに行ったのにアイスを買って帰ったり、かと思えばアイスを買いに行ったのに味の素を買って帰ったりしています。
この分では、新宿の土地を買いに行っても、日本国債を買いに行っても、アイスを買って帰ったりする羽目になりそうです。
今日の買物は、商品発送用の封筒です。角型1号の封筒が無くなったのが1週間前なのですが、毎日毎日「買わねば」という使命を忘れアイスばかり買っていましたが、角型1号の代わりに使っていた角型0号が底をつき始めたためようやく危機感が芽生え、頭の中でアイスの映像を無理矢理角型1号の映像に上書きして、アイスという単語を思い浮かべるたびに角型1号の映像と角型0号が底をつきかけている映像を同時に思い出す訓練を4時間したおかげで、今日も店に来る前にアイスの事を考えたので文房具屋へ行くことが出来ました。
店に入り、封筒のコーナーへ行き、角型1号の封筒を手に取ると、口に中に何故か甘い味が広がり、手には冷たい感覚を覚えました。恐らく訓練が行き過ぎたせいで、脳が誤作動を起こしてアイスと封筒を混同してしまったのでしょう。
その時、ふと脇を見ると角型3号の封筒があるのに気が付きました。角型3号は角型1号よりも小さいもので、アイスには例えられないサイズのものです。不覚にも俺はアイスと角型1号の映像の置き換えはしていたのに、角型3号の映像とは置き換えをしていなかったため、「角型3号付近の封筒にも不備があったはずだ」という閃きに対して咄嗟の処理が出来なくなっていました。
「角型3号付近の封筒は現在大量に残っているけれど、実際に使っているのが角型3号だったのかどうかわからない。しかしながらそれには、ちょうど良く本が収まることが少なく、大いなる不満を持っていた。仮に角型3号付近のその封筒を角型ハーゲンダッツ号としてだ、その角型ハーゲンダッツ号はA4サイズの書籍を入れられるとか何とか書いていたような気がするから、そうすると俺は角型3号を使っていたのではなく角型4号とか5号を使っていたことになるのだろう。だによって今度はB5サイズの本が入る封筒を買えばいいわけだから、角型3号を買えばいいのだろう。これにてさらば角型ハーゲンダッツ号」
ということを考えて、全く甘くも冷たくもない角型3号も手に取った。
この時点で俺には疑問も不安もないのです。きちんと買い物ができたという安ど感があるだけでした。その上、もうアイスは特に食べたくなくなっているのです。
店に着き、封筒の在庫を確認すると、角型3号がこれにて3つ目となっていることを知り、愕然とするのでした。なぜこんなことになってしまったのかというと、多分俺はいつかの以前(全く記憶にないので)、同じようなことを考えて同じものを買って同じように愕然としていたことをすっかり忘れてしまっているからなのです。
原因として考えられるのは、こちらの脳の具合が一番問題なのですが、それと同じくらいの問題として、世の中に似て非なる商品があふれ返っているせいなのではないかということも考えられます。
試しに薬局へでも行くとよくわかるのですが、殺虫剤からトイレットペーパーから洗剤から楽品に至る何もかもが、微妙に違う他のものが同じ棚にずらりと並んでいて、購入者を混乱させています。こうなると、痔の薬が欲しくても目薬を買ってしまいそうだし、目薬が欲しくてサンポールを買ってしまったとしても仕方がないのではないかとさえ思います。
物の数や種類が増えることで、日本人は自分の志向に合った便利な生活ができるようになったのでしょうが、代わりに応用力を失ってしまったようにも思います。サンポールで痔を治せとは言いませんが、角型3号と角型1号でアイスを食べたつもりになれる程度の応用力は持ち続けるべきなのではないでしょうか。
もちろんそれよりは、まず自分の記憶力を鍛えなおすことのほうが大事なのでしょうけれど。
posted by 肉王 at 17:12| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする